医療法人横浜歯友会内藤歯科
診療時間・カレンダー
10万円implant

e-max | インプラント・小児歯科・一般歯科・矯正歯科の横浜歯友会内藤歯科

e-max(イーマックス)

当院での症例集

症例@ 前歯部クラウン症例
これがe-maxで作ったクラウン(かぶせ物)です。均一のセラミックスで金属は一切使わない方法です。なので将来歯肉が下がっても、従来のメタルボンドクラウンのように、金属フレームがでてくるなんてことはありえません。

5t54ht4se

d74hrh

右上1が天然歯、左上1がe-maxです。歯肉からの立ち上がりもきれいに仕上がりました。

拡大

bar5

症例A 臼歯部 インレー、クラウン、インプラントの人工歯の複合症例

be

mokei

after

e-maxとは?

hikaku

強度について
歯科用セラミックスと一言で言っても様々な種類があり、世界中の研究機関で技術を研究しています。その中で突出した強度をもつ歯科用セラミックスが誕生しました。二ケイ酸リチウムという種類のセラミックスです。強度は400MPaもあり、従来のセラミックスにはありえませんでした。
(ただし、400MPaは奥歯のブリッジでは持たない可能性があるという強度です。ですから奥歯のブリッジだけはジルコニアという材質にしています。)

ちなみにメタルボンド用セラミックスが100MPa、天然歯(エナメル質)が350MPaです。

e-maxの臨床実験をした、ニューヨーク大学の研究論文がこちら。この論文でe-maxは歯科業界で世界的な支持を得ることになります。要点は単冠=1本クラウンならe-maxは割れない、MB用セラミックスはいつか割れるという結論です。

emax2

美しさ
均一な透明セラミックスなので、エナメル質の透明感が再現できます。基調色だけで20種以上あります。
さらに絵具のような上薬があり、ほとんどどんな色の歯も再現できます。

e-maxとメタルボンドとの比較

従来から、メタルボンド(MB)とは高級なクラウンの代名詞でした。現在でもメタルボンドはよく使われています。メタルの上にセラミックスを焼き付ける工法です。

bxf

nxfn

左はe-max。メタルを全く使わない、オールセラミックスといわれる製法です。右はMBです。
MBは内冠に金属を使用しその上にセラミックスを築盛するという手法の為、どうしても金属の色を消す白いペンキ(オペーク)が必要でした。つまり白いキャンバスの上にセラミックスを築盛するため透明感まではでません。比べてe-maxは透明感があります。

イボクラ社(e-maxのメーカー)

logo1

ass

Ivoclar Vivadent は、1923年に人工歯製造会社としてスイス チューリッヒで設立されました。1933年に現在の所在地であるリヒテンシュタイン公国に移転、1951年に社名をivoclar に変更、1956年には歯科医師向けの歯科材料としてVivadent ブランドを立ち上げました。2001年よりIvoclar Vivadent AG に社名を変更し、歯科医療のために包括的且つ、革新的な製品を提供する世界的な歯科材料総合メーカーへと発展しています。
現在、Ivoclar Vivadent は、世界の24カ国に拠点を置き、130カ国以上の国々に製品をお届けしています。リヒテンシュタイン本社では、130名を超えるR&の研究者が、より優れた製品を生み出すため、有名大学や各国の先生方と協力し合いながら、研究・開発を続けています。
また、世界各国の拠点にICDE(International Center of Dental Education)と呼ばれる歯科専門のトレーニングセンターを持ち、Ivoclar Vivadent の製品やシステムと高いレベルの技術習得を行っています。
イボクラ社のHPはこちら
http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/

PageTop